土地活用

大仙市の農地を活用する際の注意点

投稿日:

大仙市の農地を活用する際の注意点

大仙市 土地活用 農地

大仙市含め日本各地には、広大な農地が存在します。

しかし、ほかの土地と比べ、農地は活用するのが難しいと言われています。

それは一体何故なのでしょうか?

その点に関して、農地が持つ「問題点」について、まずはご紹介します。

①農地活用が難しい理由とは?in大仙市

・農業目的の用途に限定されている

そもそも「農地」とは、文字通り農業に使われるべき土地のことを意味します。

つまり「農地」は、「農業のため」に使わなければならないのです。

これが、最大の問題点なのです。

大仙市の農地は、農業に使わなければならないので、大仙市で農地を手に入れられる人も限られています。

例えば

・現在農業をしている人

・これから農業を始める人

このように農業関係者に限られます。

大仙市含め全国には、他の用途で土地を活用する目的で欲しい人はいるはずなのに、

土地を譲れる人が農業関係者のみに限られてしまうのは、土地オーナー側としてはかなりの問題点ですよね。

さらに「農地を欲しい」と言ってくれる農業関係者がいた場合でも、

実際に取得するためには、自治体の農業委員会の審査も必要になってきます。

このような煩雑な手続きや許可が必要という状況も、大仙市での農地の土地活用を妨げている原因といえます。

つまり、大仙市に限らず農地をそのまま残しておくと、その後の土地活用はなかなか難しいということなのです。

・農家ではない人が相続することにより、さらなる問題が生まれる

農地の土地活用の問題は、近年さらなる問題をもたらしています。

一昔前までは、代々農家をやっているような家族も多くいました。

ですから、仮に大仙市で農地を親から相続しても、次の代の子どもたちも農家なわけですので、農業目的で使えば何の問題もありませんでした。

しかし、最近では、次の代の子供たち農家を継がないケースも多くなりました。

農家として生活しない相続人が大仙市の畑や田んぼなどの農地を受け継いでしまうと、

それ以外の目的で活用できないので耕作放棄地になってしまっている農地も少なくありません。

うまく活用すれば収益にも繋がる可能性のある貴重な土地を、

荒れ果てた状態にしてしまっているという、非常にもったいないケースが多々あるわけです。

②貴重な農地を上手に活用するためには?in大仙市

上記の状況から大仙市での農地の土地活用に関して、なかなか難しいということはご理解いただけたと思います。

では、どのように上手に大仙市の土地を活用することができるのでしょうか?

その方法を2つご紹介します。

・農地を転用する

土地を、農業目的に限定して使用し続けることはなかなか難しいものがあります。

しかし、土地を転用する、つまり他の用途で使用できるように申請する作業を行なえばその土地は、「農地」ではなくなるのです。

ですから、農業目的外の、大仙市の土地活用方法を利用するには、まず農地を「転用」することが重要なポイントです。

「農地転用」を行うためにはどんな作業が必要でしょうか。

・所有している農地が、転用できる農地区分にあることを確認する

・農業委員会へ農地転用の申請をする

という条件を満たす必要があります。

さらに、農業委員会に対して農地転用申請を行なうためには、予め大仙市での土地活用の目的が明確になっていなければなりません。

加えて、転用後は申請した通りに、その目的を達成しなくてはなりません。

・具体的な転用目的:例(駐車場にしたい、資材置き場にしたい…等)

・転用後の事業計画、その資金調達の実現性

・転用後の目的達成

これらを明確に示すことができないと、申請時に農地の転用は認められません。

しかし、このような条件を満たすことは一見難しそうに見えるかもしれませんが、クリアできる方法があります。

それは“たとえ別の目的があったとしても、一旦は大仙市の駐車場や資材置き場に転用してしまう”という方法です。

なぜ“駐車場や資材置き場”なのでしょうか?

それは、その方法だと他の方法に比べ初期投資が安価だからです。

そのため、3つ目の条件である「資金調達の実現性」の面は比較的簡単にクリアできるでしょう。

永久的にではなく、一定期間だけ大仙市で車や資材を置いてもらえれば目的を果たすことはできるので、転用後の目的達成もかなり容易なのです。

とはいえ、次の点を銘記しておく必要があります。

・大仙市で駐車場を必要とする人がいるのか

・大仙市で資材置き場として使用する人はいるのか

これらの点は申請の際に突き詰められて尋ねられるため、この質問に対する明確な答えをしっかりと準備し、対策を取っておく必要があります。

これらの条件をクリアすることには大きな利点があります。

それは一旦農地を転用してしまえば、その後の活用方法は自由に活用できるということです。

さらに大仙市で駐車場や資材置き場として活用して経営したとしても、その後の立ち退きが容易です。

だいたい1~3カ月で立ち退き可能なので、別の土地活用目的に移行させやすい方法と言えます。

もし、仮に農地を転用した後に事業目的ではなく、大仙市に自宅を建てるという場合も再び転用申請が必要になります。

その場合も、建築資金が調達可能かをチェックされ、建築許可を得なければならないなど、厳しい条件があります。

・転用を前提に、売却・貸出を行う

大仙市の土地のその後の活用方法の提示理由として、

転用してもらうことを前提に、第三者に売却・貸出する方法があります。

この方法の利点は、土地所有者の手間がかなり減るというところです。

転用後は、所有者ではなく、買主や借主自身という第三者が事業を行うことになります。

そのため、大仙市の土地所有者は実際の土地活用の事業計画を行なわなくて済むのです。

さらに、面倒な転用許可申請作業も、共に行うことができます。

とはいえ、これには注意点があります。

それは、「借地権」が発生する可能性があるということです。

特に、第三者に貸した土地に建物が建築された場合、借地権が発生します。

そうなると、もし転用するため土地の返却を求めたとしても、すぐに応じてもらえないという事態も考えられるのです。

さらに、相続する場合の作業が複雑になるという問題点もあります。

大仙市の土地を貸借したまま相続すると、相続人が困りかねません。

このようなケースを避けるため、事前に経緯を説明しておくことなどの対策が必要となります。

しかし、このデメリットを理解し、相続前に適切な方法で売却・貸出を済ませておけば、

相続人が農地をどのように活用したらいいか、と悩む必要が無いというメリットもあります。

もし相続人が農家ではなく、大仙市の土地を受け継いでも使いみちがないということが予め分かっているならば、

これらの作業を早めに行ったほうが良いかもしれません。

③農地を有効活用させるカギとは?in大仙市

農地は、上手に使えばさまざまな目的で有効活用をできます。

ぜひ自分に合った方法を見つけて、貴重な土地を無駄にならないようにしたいですよね。

どんな方法が自分の生活スタイルに適切なのか悩んだ時には、プロへの相談がおすすめです。

しかし、プロへ相談すると言っても、タウンページなどの電話帳で調べてもよく分かりませんし、大仙市でも各業者の情報は限られています。

ですので、大仙市でどの業者にお願いすればいいのか、悩んでしまいます。

そんな時大きな助けになってくれるのがインターネットで検索できる「一括資料請求サービス」という便利なサイトです。

このサービスを使えば、あなたに合った業者を瞬時に複数社ピックアップ。

分かりやすい資料をまとめて取寄せられる、とても便利なサービスなんです。

これまで経験のない、大仙市での土地活用を自分で進めていくのは、かなり難しいものです。

これまで経験があってもそれが本当に最善の方法だといえるかも分かりません。

なので、まずは「一括資料請求サービス」のサイトを使って情報収集を行い、複数の業者を比較検討してみましょう。

その中から、親切で信頼できそうな業者を見つけ、二人三脚で土地活用を進めていくのが、大仙市で農地の活用を行う上での成功のカギといえるでしょう。

必ず最高の土地有効活用の方法が見つかるはずです。

大仙市土地活用プラン一括比較

大仙市で土地の有効活用を行うのであれば、

1つでも多くの可能性を知って、しっかり検討する事が大事です。

ここで紹介した方法だけが大仙市の土地を活かす方法ではないので、

次の様な一括資料請求サイトを利用して、

どのようなプランがあるのか見比べてみるのも勉強になると思います。

HOME4U

⇒土地活用の無料プラン比較【HOME4U】


大仙市地価ランキング

大仙市の地価が高い土地、上位5エリアを紹介しています。
※平成29年地価公示

順位 所在(住居表示)

最新年価格(円/㎡)
1 秋田県 大仙市大花町9-3-4 27,800
2 秋田県 大仙市大曲あけぼの町11-25 24,500
3 秋田県 大仙市大曲金谷町4-27 24,800
4 秋田県 大仙市神宮寺字中瀬古川敷10番4外 7,700
5 秋田県 大仙市神宮寺字館ノ北8番5外 8,700

-土地活用

Copyright© マンション売買の世界 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.