地域情報

中野区のマンション売却が得意な不動産屋の探し方

投稿日:

中野区のマンション売却が得意な不動産屋の探し方

中野区 マンション売却

中野区含め全国的に新築マンション市場が活況を呈しています。

空前の低金利、建設費高騰による先高感、さまざまな要因があると思いますが、

既に中野区でマンションをお持ちのあなたにとっても、

より良い環境のマンションへの買い替えのタイミングともいえるのではないでしょうか。

さて、今お持ちの中野区のマンションを売るとなったとき、

個人では不動産売買なんてできませんから、

必然的に不動産会社に頼むことになる訳ですが、

どのような不動産会社に頼むのが良いのでしょうか?

中野区 マンション売却

良い不動産会社とはどんな会社?

ズバリ、良い不動産会社とは、より早く、より高く不動産を売却してくれる会社です。

あなたの貴重な財産の売却を任せるのですから、

時間的にも金額的にも最高のものを提示して貰えなければ困ってしまいますよね。

とはいえ、中野区含め世に不動産会社はピンからキリまで、それこそ山のようにある訳で、

その中からどのように良い不動産会社を探し出せばいいのでしょうか?

3つのポイントに絞ってご紹介します。

1.中古マンションの売買仲介が得意な不動産会社を探そう!

中古マンションの売買仲介が得意って、

不動産に関する業務は全般やるのが不動産会社なんじゃないの?

不動産売買のことなんて良く知らない我々、素人にとってはそう思っても不思議はないのですが、

実は、中野区でも不動産会社によって得意分野・不得意分野ってあるんです。

戸建、マンション、ビルや商業施設と扱う物件も異なれば、

新築販売か中古物件の売却仲介かでも異なりますし、

売買ではなく賃貸物件の仲介専門など様々な専門領域があって、

どの業務をメインとしているかによって、それぞれ得意・不得意も違ってくる訳です。

餅は餅屋、中古マンションの売却なら、中古マンションの売買仲介を得意分野にする不動産会社

に頼まなければ、時間とお金の無駄になってしまいます。

まずは、中野区で中古マンションの売買仲介をメイン業務とする不動産会社を探すことが大切です。

2.売主の敵「囲い込み」を避けよう!

さて、中野区で中古マンションの売買仲介をメイン業務とする不動産会社を探すことができたら、

次に気を付けなければいけないのが「囲い込み」です。

いきなり「囲い込み」なんて言われても、素人だから何のことか判らない・・・

そうですよね。でも大事な話なので、少しだけ不動産取引の専門的な話を聞いてください。

売買仲介という言葉のとおり、売る仕事を仲介する不動産会社と、

買う仕事を仲介する不動産会社があって、売買が成立するということはお分かりいただけると思います。

不動産会社は、取引が成立すると仲介手数料を受け取ります。

例えば中野区の物件を売る場合、

中野区で売る仕事をした不動産会社は売主から

中野区で買う仕事をした不動産会社は買主から

それぞれ仲介手数料を貰うのが普通の姿で、「片手仲介(手は手数料のこと)」と呼ばれています。

関連:片手仲介だけを行う「ソニー不動産」

一方で、売る仕事も買う仕事も、同じ不動産会社がする場合を「両手仲介と呼びます。

不動産会社にとっては一つの取引で、

売主・買主の双方から仲介手数料を受け取れますから儲けは倍に!

大変美味しい話ですから、両手取引をしたがる不動産会社があります。

まあ、支払う手数料は変わらないし、

自社内で売り買いがスムースにマッチングできたら、別にいいんじゃないの?

と思われるかもしれませんが、実はここに問題があるのです。

「両手仲介」にしたいばかりに、中野区の売り物件の情報を他の不動産会社に出さなかったり

他の不動産会社からの問い合わせや内覧の申し込みを断ったり

とにかく自社内で売買を完結させてしまうとする「囲い込み」を行う、

性質の良くない不動産会社も存在するからです。

こうなっては中野区の売却物件の情報が広がりませんから、売却の機会そのものが減ってしまいますし、

取引成立まで時間がかかったり、ひいては時間がかかったせいで売却価格が下がってしまったりと、

様々な弊害が起きてくる可能性もあるのです。

でも、両手仲介か片手仲介かなんて、素人にどうすれば判るの?

安心してください。片手仲介しかしないことを公表している不動産会社も多くあります。

要は、そのような信頼できる不動産会社を選ぶことが大切だということです。

関連:片手仲介専門の不動産なら「ソニー不動産」

3.物件の査定は必ず複数の不動産会社で!

中野区に限らず中古マンションの売却を進めるには、

実際に中野区の物件を査定してもらい査定額を提示してもらうことが必須となります。

まずは中野区での売却価格の相場観をつかまないと、買い替えの計画も立てられませんよね。

また、意外かもしれませんが、不動産会社によって査定額には結構ばらつきが出るものです。

そういう意味では、査定は1社からだけでなく、

最低でも3社、できれば5、6社から提示してもらうのが望ましいといえます。

極端に高い、あるいは、極端に低い査定額を提示するのは、

何らかの問題を持った不動産会社といってもよいでしょうから、選択の対象からは外すべきといえます。

手間を省いて賢く選ぶために

さて、良い不動産会社を選ぶための3つのポイントをご紹介してきましたが、

これって、結構、手間もかかって面倒だよね。」というあなたに。

インターネット上で、あなたの中野区の物件や条件に合う不動産会社を選び出し、

一括して査定を依頼できる「一括査定サービス」があります。

査定依頼は最大6社まで可能なので、物件の説明や、やりとりの手間が大幅に省けることになります。

手間を省くことばかりが目的ではありませんが、このようなサービスを有効に利用し、

効率よく情報収集することで、結果として中野区の良い不動産会社にたどり着ければ、

あなたの貴重な資産の売却は、きっと、うまく進むことでしょう。

中野区おすすめマンション一括査定サイト

HOME4U
HOME4U

⇒公式サイトへ

 


■中野区の中古マンション情報

ここでは、実際に中野区で販売されている中古マンションの情報を幾つか紹介ます。

※2017年11月現在の情報ですので、価格が変動している可能性もあります。
マンション名は掲載しておりません。

価格 4,280万円 平米単価 73.73万円
管理費 15,800円/月 修繕積立金 8,800円/月
最寄駅所在地 中央本線 中野 徒歩5分
東京都中野区中野3丁目
間取り 2LDK 専有面積 58.05m2
所在階/階建 6階/12階 築年数 1972年03月(築後45年)
主要採光面 南東 現況 空家
価格 3,480万円 平米単価 66.18万円
管理費 13,400円/月 修繕積立金 10,500円/月
最寄駅所在地 総武・中央緩行線 東中野 徒歩7分
東京都中野区東中野5丁目
間取り 1SLDK 専有面積 52.58m2
所在階/階建 3階/9階 築年数 1969年06月(築後48年)
主要採光面 南東 現況 空家
価格 3,480万円 平米単価 66.18万円
管理費 13,400円/月 修繕積立金 10,500円/月
最寄駅所在地 総武・中央緩行線 東中野 徒歩7分
東京都中野区東中野5丁目
間取り 1SLDK 専有面積 52.58m2
所在階/階建 3階/9階 築年数 1969年06月(築後48年)
主要採光面 現況 空家

-地域情報

Copyright© マンション売買の世界 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.